金華鳥から学ぶこと

キンカチョウは止まり木に吊るしているブランコの麻のヒモをついばんで遊ぶのが大好きです。
あの小さなくちばしで、束ねられたヒモの、細い繊維の1本1本を何度も何度もついばんで切断していきます。3週間ほどで完全にヒモが切れて落下します。
落下させるのが目標でついばんでいるわけではないと思いますが、小さな力でも1つずつ確実に継続することで目標を達成する・・小鳥に教えられることは意外に多いです。ヒモはソッコーで補修して、さらに丈夫なものに替えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です